【Stardew Valley】牧場施設を建築するオススメの順番を紹介

【Stardew Valley】牧場施設を建築するオススメの順番を紹介Stardew Valley

スターデューバレーでは、牧場内に様々な施設を建築できます。

しかし、牧場施設の種類が多すぎて何から建築するべきか悩んでしまいますよね?

当記事では、牧場施設を建築するオススメの順番を紹介します。

僕がプレイをして経験を基に紹介しますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

牧場施設を建築するオススメの順番

牧場施設を建築するオススメの順番は、以下のとおりです。

①サイロ
②鶏小屋or家畜小屋
③馬小屋
④納屋
⑤その他

詳細を紹介していきます。

①サイロ

サイロ

サイロとは、動物のエサとなる「干し草」を蓄えておける施設のことです。

ほとんどのプレイヤーは動物を飼育すると思いますので、まずはサイロを建設しましょう。

干し草がなくても動物を飼育することはできますが、動物の機嫌が良くないと高い品質のアイテムを生産しません。

生産アイテムの品質が落ちれば売価も低くなるため、動物を飼育するのであれば最初にサイロを建設するべきでしょう。

動物は1日1つの干し草を食べます。干し草を食べないと動物の機嫌が悪くなり、生産アイテムの品質も落ちます。ただし、牧場内の牧草を食べている場合は機嫌は下がりません。
【Stardew Valley】サイロの使い方を紹介!必要な数はどれくらい?
スターデューバレー(Stardew Valley)でのサイロの使い方・必要な数を紹介します。具体的な役割や使い方が分からない方は、ぜひ当記事をご覧ください。

②鶏小屋or家畜小屋

鶏小屋鶏小屋

家畜小屋家畜小屋

サイロを建設したら「鶏小屋」or「家畜小屋」を建設しましょう。

各建設物で飼育できる動物は、以下の表にまとめました。

建設物動物
鶏小屋(小屋)ニワトリ・アヒル・恐竜・ウサギ
家畜小屋ウシ・ヤギ・ヒツジ・ブタ・ダチョウ

どちらから建設しても構いませんが、個人的には建設費が安く素材も少ない「鶏小屋」がオススメです。

鶏小屋はゲーム上の表記では「小屋」です。当記事では、分かりやすく”鶏小屋”と表記しています。
【スタバレ】家畜小屋で育てるオススメの動物は?配置はどこがいい?
スターデューバレー(Stardew Valley)の家畜小屋で育てるオススメの動物について紹介します。家畜小屋の配置についても合わせて紹介しますので、興味のある方はぜひご覧ください。
【スタバレ】鶏小屋で育てるオススメの動物は?配置はどこがいい?
スターデューバレー(Stardew Valley)の鶏小屋で育てるオススメの動物について紹介します。また鶏小屋の配置についても合わせて紹介しますので、興味のある方はぜひご覧ください。

③馬小屋

馬小屋

プレイに慣れてくると、プレイヤーの移動速度が遅く感じることもあると思います。

そんなときは「馬小屋」を建設しましょう。

馬小屋を建設することでウマに乗ることができるようになり、歩くよりも速く移動可能です。

限られた時間の中で効率よく移動できるため、活動時間も長くなるのが魅力ですね。

④納屋

納屋

納屋は何も入っていない空っぽの小屋です。

アイテムを自由に設置できる施設ですので、醸造ダルや保存ジャーなどの加工設備、チェストなどの収納アイテムを設置しましょう。

入手するアイテムが多くなると管理に手間がかかりますよね?

しかし、納屋を物置として利用すればアイテム管理が楽になりますし、どこに何があるのかも把握しやすくなります。

チェストを置く場合は、収納するアイテムに合わせて色を変えておくのがオススメですね。

【スタバレ】納屋の効率の良い配置は?設置するアイテムは何がいい?
スターデューバレー(Stardew Valley)の建築物である納屋の「効率の良い配置」と「設置するおすすめアイテム」を紹介します。

⑤その他

あとはプレイスタイルによって変わりますので、どんな施設を建設してもOKです。

魚から生産アイテムを入手したいなら「魚のいる池」を建設するべきですし、農業をするなら「井戸」を建設するのも良いでしょう。

ここは自分の所持している素材、プレイスタイル等を考慮しながら決めてください。

タイトルとURLをコピーしました