【Stardew Valley】Jojaルートを選ぶ3つのメリット!公民館を倉庫にするとどうなる?

【Stardew Valley】Jojaルートを選ぶ3つのメリット!公民館を倉庫にするとどうなる?Stardew Valley

スターデューバレーには「公民館復興ルート」「Jojaルート」の2つがあります。

ほとんどの方は公民館復興ルートに進むと思いますが、実はJojaルートの方がメリットが多いことを知っていますか?

当記事では、Jojaルートを選ぶ3つのメリットを紹介します。

Jojaルートのメリットを知りたい方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

Jojaルートを選ぶ3つのメリット

Jojaルートを選ぶメリットは、以下の3つです。

・お金で解決できる
・コーラマシンを貰える
・自動ナデナデ装置を購入できる

順に紹介していきます。

お金で解決できる

Jojaルート

公民館復興ルートは、各種アイテムをバンドルに寄贈しなければなりません。

しかし、Jojaルートはお金を納めるだけですべて解決しますので、アイテムを集める手間が掛からないというメリットがあります。

もちろん、バスや橋の修理にそれ相応のお金が必要になりますが、いちいちアイテムを管理する手間を省けるのは大きいですね。

コーラマシンを貰える

Joja地域開発フォームを完了させると、Joja社から「コーラマシン」を貰えます。

コーラマシンは1日1本コーラを生産するアイテムなのですが、コーラにそもそも価値がないのでインテリアみたいなものですね。

コーラマシンは、公民館復興ルートでは入手できないアイテムなので、インテリアとしてほしい方はJojaルートを選ぶべきでしょう。

自動ナデナデ装置を購入できる

自動ナデナデ装置

倉庫の建築後のJojaマートでは「自動ナデナデ装置」を50000Gで購入できます。

Jojaルートを選ぶ最大のメリットはコレですね。

自動ナデナデ装置は、飼育している動物の好感度が下がらなくなるアイテムです。

プレイヤー自身が動物を撫でる必要がなくなるということですので、別の作業に時間を充てることができるでしょう。

しかし、公民館復興ルートだとJojaマートが閉店してしまい、自動ナデナデ装置を購入できません。

公民館復興ルートでも「ドクロの洞窟にある宝箱」からランダムで入手できますが、完全ランダムで確率も低いためかなりの手間が掛かります。

Jojaルートを選ぶデメリット

Jojaルートを選ぶデメリットは、以下の2つです。

・公民館が倉庫になる
・ピエール商店の定休日が変わらない

順に紹介していきます。

公民館が倉庫になる

Joja地域開発フォームを完了させると、公民館が倉庫になってしまいます。

倉庫になってもプレイに悪影響を及ぼすことはありませんが、完成した公民館のように住民が訪れなくなります。

倉庫になるのをデメリットと捉えるかは、プレイヤー次第ですね。

ピエール商店の定休日が変わらない

公民館復興ルートでは、Jojaマート閉店後にピエール商店の定休日がなくなります。

しかし、Jojaルートではそもそも閉店しないため、ピエール商店の定休日は水曜日のまま変わりません。

ピエール商店を利用したいときに限って定休日だったりするので、Jojaルートはやや不便になりますね。

結局、どちらのルートがオススメ?

これはプレイスタイルにもよるのですが、動物を多く飼育している方はJojaルートの方がオススメです。

自動ナデナデ装置が簡単に入手できますので、動物管理が楽になります。

対してモーリスの態度が気に食わなかったり、公民館を完成させたい人は公民館復興ルートを選ぶのが良いでしょう。

ただ、個人的にはJojaルートの方がプレイヤーにとってのメリットが大きいと思っています。

 

タイトルとURLをコピーしました