【ウマ娘】URAでAランク・差しシンボリルドルフを育成する方法【おすすめサポート・因子も解説】

【ウマ娘】URAでAランク・差しシンボリルドルフを育成する方法【おすすめサポート・因子も解説】Aランク育成法

どうもー、白翔です。

当記事では、URAファイナルズでAランク・差しシンボリルドルフを育成する方法について紹介していきます。

念のために行っておくと、賢さ理論でのAランク育成法ではありません。

しっかりチーム競技場でも活躍できる育成法になりますので、Aランクの差しシンボリルドルフを育てたい方はぜひご覧ください。

・編成におすすめなサポートカード
・育成イベントのおすすめな選択肢
・出走するレース

上記についても解説していきます。

スポンサーリンク

シンボリルドルフの育成方針

差しシンボリルドルフのステータス①ステータス①

差しシンボリルドルフのステータス②ステータス②

今回は差しシンボリルドルフで、長距離レースに出走させることを前提に育成していきます。

トレーニングは「スピード」「スタミナ」「賢さ」に絞り、イベント選択肢や夏合宿で足りないステータスを補います。

差しで長距離レースを走らせるには、スピードからパワーまでかなりの数値を求められますので、どれかが極端に低いということがないようにしましょう。

シンボリルドルフはURAシナリオを完走すること自体は簡単なのですが、長距離で勝てるステータスにしようとすると難易度が高くなるため注意が必要です。

上記はAランクを取った時のステータスですので、参考にしてみてください。

シンボリルドルフの因子継承:選んでおきたいオススメ因子

継承させた青因子は「スタミナ9・パワー6・スピード2」です。

長距離で出走させるなら「円弧のマエストロ」は絶対欲しいので、ptを節約するため下位スキル「コーナー回復」の白因子を持っているウマ娘を継承させたいですね。

また、コース取りに関するスキルである「臨機応変」や「垂れウマ回避」などもオススメです。

差しシンボリルドルフのサポート編成

ここからは、差しシンボリルドルフのサポート編成について紹介していきます。

ただ所持しているサポートカードは異なると思いますので、代用候補などを挙げながら紹介します。

僕は微課金であるため、所持しているカードには制限があります。最適解といえるサポートカードを編成できていない可能性があるためご注意ください。

【編成①】スピード3枚・スタミナ2枚・友人1枚

差しシンボリルドルフのサポート編成①

スピードカードは万能なSSRキタサンブラック、差しスキルが豊富でレースボーナスもあるSRエイシンフラッシュを採用。

フレンドからは、コース取り系のスキルが多いSSRトウカイテイオーを借りています。

金スキル「一陣の風」が優秀ですし、パワーボーナスも付いていて非常に優秀です。

スタミナカードに関しては、SSRスーパークリークとSSRサトノダイヤモンドを採用。

SSRサトノダイヤモンドは育成イベントだけでスタミナを50ほど上げることができ、初期絆ゲージアップも付いているので絆トレーニングまで持っていきやすいというメリットがあります。

もしスタミナカードが不足していて用意できない場合は、配布SSRメジロマックイーンでもOK。

金スキル「クールダウン」は長距離レースと相性が良いですし、多少スタミナが不足していても走り切ることができます。

スピードの代用候補

・SRスイープトウショウ
・SRキングヘイロー
・SSRカワカミプリンセス
・SSRビコーペガサス
・SSRツインターボ

スタミナの代用候補
・SRマヤノトップガン
・SRゼンノロブロイ
・SRマンハッタンカフェ
・SSRメジロマックイーン

【編成②】スピード3枚・スタミナ3枚

差しシンボリルドルフのサポート編成②

SSRたづなを抜いて、スタミナカードのSRマンハッタンカフェを採用。

回復系スキル「パス上手」やデバフスキルの「スタミナイーター」、上り坂で発動する「登山家」など使い勝手の良いスキルを獲得できるので優秀です。

SSRたづなを抜いているので安定感はありませんが、スタミナは上がりやすい編成になっています。

スポンサーリンク

【URAシナリオ】シンボリルドルフの育成の流れ

メイクデビューからURAファイナルズ優勝までの流れを紹介します。

シナリオを通して全体的に意識すること↓

・トレーニングは「スピード」「スタミナ」「賢さ」に絞る
・失敗率15%程度であれば、トレーニングをして上振れを狙う(美味しいものだけ)
・できるだけスキルはURAシナリオ終了後にまとめて取る
スキルはURAシナリオ終了後にまとめて取るのが好ましいですが、ヒントが十分に取れている場合やレースに勝てるか不安である場合などは取ってもOKです。

事前情報:「七冠達成」と「八冠達成」で隠しイベントあり

シンボリルドルフを育成する前に隠しイベントについて知っておきましょう。

シンボリルドルフは「七冠達成(G1で7勝)」「八冠達成(G1で8勝)」で隠しイベントが発生します。

隠しイベントで得られる恩恵は以下のとおり。

七冠達成

・やる気アップ
・ランダムでステータス1種類を+10

八冠達成

・体力+30
・やる気3段階アップ
・ランダムでステータス1種類を+15

隠しイベントの発生タイミングは、いずれも最終目標クリア後です。

これらは目標レースのG1も含まれますので、隠しイベントを発生させるなら他のウマ娘以上に2位~3位にならないような立ち回りが必要になりますね。

シンボリルドルフの目標レースには長距離レースが多いことから、回復系スキルをレース前に取っておくと安定します。

ジュニア級:メイクデビュー出走まで

「スピード」「スタミナ」「賢さ」の3つに絞りながら、サポートカードの集まっているトレーニングを行って絆ゲージを上げます。

たづなさんのサポートを利用している場合は、気分を上げるため最優先でたづなさんのいるトレーニングを行いましょう。

また、URAシナリオ中は作戦を「先行」にしておくことをオススメします。

理由はシンプルでパワー不足によるブロックを防ぐことができ、レースが事故りにくくなり育成が安定しやすいからです。

ジュニア級:サウジアラビアRCまで

サウジアラビアRCはマイルレースですので、適性のないシンボリルドルフは2着~3着くらいに落ち着くことが多いです。

絶対に勝たなければいけないレースではないため、わざわざ適性を上げる必要はありません。

引き続き絆ゲージを溜めながら「スピード」「スタミナ」「賢さ」を重点的に上げていきましょう。

クラシック級:日本ダービーまで

間に皐月賞がありますが、こちらは順調にトレーニングを行っていけば勝てると思います。

どちらかと言うと日本ダービーの方が勝率が低くなりがちです。

シンボリルドルフの敗因に多いのが、他のウマ娘のブロックから抜け出せなくなることですので、日本ダービーのときにパワーが極端に低いということがないようにしましょう。

クラシック級:菊花賞まで

菊花賞は3000mの長距離レースですので、スタミナ切れによる失速で負けてしまう可能性があります。

スタミナが不足しているように場合は、間にある夏合宿でスタミナを上げておきましょう。

また、SSRキタサンブラックやSSRスーパークリークなどから「コーナー回復」のヒントを貰っているのであれば、このタイミングで覚えさせてしまうのもありです。

シニア級:天皇賞・春

シニア級2月と4月には、固有スキルレベルUPイベントがあります。

レベルの上がる条件は以下のとおり。

2月バレンタイン

・ファン数が6万人以上

4月ファン感謝祭

・ファン数が7万人以上
・理事長の絆ゲージが緑以上

シンボリルドルフの目標レースはG1ばかりですので、勝ち続けていればファン数が余裕で足りているはずです。

もし負けていてファン数が不足している場合は、トレーニングが下振れしたタイミングでレースに出走させましょう。

おすすめは獲得ファン数の多い「ジャパンカップ」です。

シニア級:有馬記念まで

間にある夏合宿で不足しているステータスを補います。

有馬記念の後はすぐにURAファイナルズが始まりますので、このタイミングでスキルを取ってしまってもOKです。

URAファイナルズまで来るとスキルヒントを獲得できる見込みは薄いですし、レースに安定して勝ちたい場合はスキル取っておくのが良いでしょう。

また、有馬記念の出走後に固有スキルレベルUPイベントがあるため、必要ファン数を満たせるようにしましょう。

シンボリルドルフなら余裕で足りているとは思いますが…。

12月クリスマス

・ファン数が12万人以上

スポンサーリンク

育成イベントのおすすめ選択肢

シンボリルドルフの育成途中で発生するイベントの選択肢を紹介します。

サポートカードの育成イベント

先ほど紹介したサポートカード編成の中から、重要なイベントのみをピックアップして紹介します。

SSR駿川たづな:情熱のふたり

お話もっと聞きたいです!・体力+14
・やる気+1
・賢さ+6
・絆ゲージ+5
では、仕事があるのでそろそろ…・やる気が低下
・「展開窺い」のヒント+1
・駿川たづなの絆ゲージ−5

この選択肢は必ず「お話もっと聞きたいです」を選んでください。

下の選択肢を選んでしまうとお出かけイベントが発生しなくなり、SSR駿川たづなを入れる意味がなくなってしまいます。

SSRキタサンブラック:あぁ、故郷

質のよいシューズがいいかも・スピード+5
・パワー+10
・絆ゲージ上昇
トレーニング教本がよさそう・コンディション「練習上手」を獲得
・絆ゲージ+5

「練習上手」を獲得できる下の選択肢がオススメです。

これだけでトレーニングが失敗しにくくなり、上振れが狙えます。

SSRキタサンブラック:情けは人のためならず

早く治さないとな・体力+10
・やる気が上昇
・絆ゲージ+5
この元気に負けてられないぞ!・スピード+5
・「直線巧者」のヒント+1
・絆ゲージ+5

「直線巧者」のヒントを獲得できる下の選択肢がオススメ。

SSRサトノダイヤモンド:あなたにだけは絶対に

消灯時間まで見守る・体力-20
・スタミナ+30
・「鋼の意志」のヒントLv+1
・絆ゲージ+5
そっとこの場を立ち去る・体力+5
・根性+5
・「鋼の意志」ヒントLv+1
・絆ゲージ+5

体力が減ってしまいますが、スタミナを30も獲得できるイベントです。

下の選択肢を選んでも雀の涙ほどの体力しか回復しないため、よほどの理由がない限りは上を選びましょう。

SRマンハッタンカフェ:静けさを嗜む

リラックスタイムだったのかな?・スピード+5
・スキルP+15
・絆ゲージ+5
こんな暗い所にひとりでも、怖くないんだね・「非根幹距離」のヒントLv+1
・絆ゲージ+5

どちらの選択肢も捨てがたいのですが、個人的には「非根幹距離」を取得できる下がオススメですね。

長距離レースは400mの倍数が少ないので今回の育成と嚙み合いますし、ハートマークの緑スキルはスタミナに補正が掛かります。

シンボリルドルフの育成イベント

全てのイベントを書くと長くなってしまいますので、全体を通して意識しておくポイントを紹介します。

不足しがちなステータスを補う

シンボリルドルフを育成するうえで不足しがちなのは「パワー」と「賢さ」の2つです。

選択肢の中にこの2つがアップするものがあれば、積極的に選んでいきましょう。

「皇帝の余暇」は上の選択肢がオススメ

ジョークの特訓・賢さ+10
・スキルPt+15
雨天のレース研究「雨の日」のヒントLv+1

下の選択肢では「雨の日〇」を獲得できるのですが、チーム競技場では晴れが多いのであまりオススメできません。

逆にチャンピオンズミーティングで天候が限定されている場合などは下を選ぶのが良いと思います。

「有言実行」は上の選択肢がオススメ

丸1日集中した方がいい・体力-10
・パワー+20
・理事長の絆ゲージ+10
効率的にいこう体力+10

上の選択肢は体力が減ってしまいますが、パワーと理事長の絆ゲージを上げることができるのでオススメです。

特に理事長は運が悪いとトレーニングに現れなかったりして、絆ゲージが上がりにくいときがありますからかなり美味しいイベントです。

「いついかなる時も」は下の選択肢がオススメ

今日中に対応してあげよう・体力-10
・根性+20
・秋川理事長の絆ゲージ+10
何か手伝えるかな・体力+10

「有言実行」と似たようなイベントですね。

シンボリルドルフは根性に成長率補正がありますので、僕の場合はいつも下を選んでいます。

「どうしても理事長の絆ゲージを溜めたい」というとき以外は、下を選んでおくのが無難でしょう。

突然の厚意は上の選択肢がオススメ

ルドルフに任せよう・体力-10
・スタミナ+20
・秋川理事長の絆ゲージ+10
手伝ってもらった方が早いかもよ・体力+10

こちらも「有言実行」と似たようなイベントですね。

スタミナはありすぎて困ることはないため、いつも上の選択肢を選んでいます。

「皇帝の飽食」は下の選択肢がオススメ

ちょっと量が多くない?・体力+10
・スキルPt+5
よし、バッチリ味見しよう!・体力+30
・スキルPt+10

一定の確率で「皇帝の飽食」というイベントが発生します。

下の選択肢の方が体力の回復量が多く、スキルptも美味しいのですが稀にバッドコンディション「太り気味」が付与されます。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、僕は上振れを狙って下を選んでいます。

新年の抱負&初詣

クラシック1月とシニア1月に発生する正月イベントは、体力が回復するものorスキルptを貰える選択肢を選んでください。

全ステータスアップする選択肢はあんまり美味しくありません。

差しシンボリルドルフまとめ

当記事では、Aランク・差しシンボリルドルフを育成する方法について紹介しました。

ウマ娘の育成論に正解はありません。

サポートカードを入れ替えてみたりして、自分なりの育成法を見つけていくのも良いかと思います。

その際、この記事の内容を役立ててくれれば嬉しいです。

当ブログでは、他のウマ娘のAランク育成記事を執筆していますので、よろしければご覧ください。

Aランク育成法
「Aランク育成法」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました