【ウマ娘】Aランク・差しエイシンフラッシュを育成する方法【おすすめサポート・因子も解説】

【ウマ娘】URAでAランク・差しエイシンフラッシュを育成する方法【おすすめサポート・因子も解説】Aランク育成法

どうもー、白翔です。

当記事では、URAファイナルズやアオハル杯でAランク・差しエイシンフラッシュを育成する方法について紹介していきます。

念のために行っておくと、賢さ理論でのAランク育成法ではありません。

しっかりチーム競技場でも活躍できる育成法になりますので、Aランクの差しエイシンフラッシュを育てたい方はぜひご覧ください。

・編成におすすめなサポートカード
・育成イベントのおすすめな選択肢
・出走するレース

上記についても解説していきます。

スポンサーリンク

エイシンフラッシュの育成方針

差しエイシンフラッシュのステータス

今回は差しエイシンフラッシュで、中距離レースに出走させることを前提に育成していきます。

エイシンフラッシュは長距離適正もありますが、スタミナに成長率補正がないことを考えると中距離で出走させるのがベストですね。

トレーニングは「スピード」「スタミナ」「賢さ」に絞り、イベント選択肢や夏合宿で足りないステータスを補いましょう。

上記画像はAランクを取ったときのステータスですので、育成するときの参考にしてみてください(なぜか不必要な脚質と距離がSになってる…)

ちなみに、エイシンフラッシュは「先行」での育成をオススメしません。

なぜならエイシンフラッシュの固有スキルは、最終直線で3位以下の場合にのみ発動するからです。

先行だと最終直線で3位以下にならない可能性が高いので、先行で育成してもせっかくの固有スキルが発動しない…なんてことになりかねません。

エイシンフラッシュの固有スキルの条件は、出遅れ&掛かりがない状態で最終直線で3位以下です。

エイシンフラッシュの因子継承:選んでおきたいオススメ因子

継承させた青因子は「スタミナ12・スピード5」です。

エイシンフラッシュは、スピードとスタミナどちらも成長率補正がないので、この2つのステータスに因子を全振りしています。

また、エイシンフラッシュは自身の育成にSRエイシンフラッシュを編成できません。

そのため「全身全霊」の下位スキルとなる末脚の白因子を継承できると、スキルを盛りやすくなるのでオススメです。

差しエイシンフラッシュのサポート編成

ここからは、差しエイシンフラッシュのサポート編成について紹介していきます。

ただ所持しているサポートカードは異なると思いますので、いくつかパターンに分けて紹介していきます。

僕は微課金であるため、所持しているカードには制限があります。最適解といえるサポートカードを編成できていない可能性があるためご注意ください。

【編成①】スピード3枚・スタミナ2枚・友人1枚

差しエイシンフラッシュのサポート編成①パターン①

差しエイシンフラッシュのサポート編成②パターン②

スピードカードはSSRキタサンブラックとSSRトウカイテイオー、汎用性の高いSRスイープトウショウを採用。

SSRトウカイテイオーは、エイシンフラッシュの金スキル「レーンの魔術師」の下位スキルである臨機応変をLv3で入手できるので相性が良いです。

また、SSRトウカイテイオーにはパワーボーナスがあり、スピスタ育成との相性が良いのも嬉しいですね。

スタミナカードには、金スキルが優秀なSSRスーパークリーク、カード性能の高いSRマンハッタンカフェを採用しています。

マンハッタンカフェは別のスタミナカードに置き換えても構いません。

SSRサトノダイヤモンドやSSRタマモクロス、レアリティを下げるならSRトーセンジョーダンやSRマヤノトップガンもおすすめです。

スピードの代用候補

・SSRカワカミプリンセス
・SSRトウカイテイオー
・SSRビコーペガサス
・SRキングヘイロー
・SRシンコウウインディ
etc…

スタミナの代用候補

・SSRタマモクロス
・SSRサトノダイヤモンド
・SRトーセンジョーダン
・SRマヤノトップガン
・SRゼンノロブロイ

etc…

【編成②】スピード4枚・スタミナ2枚

差しエイシンフラッシュのサポート編成③

SSRたづなを抜いて、スピードカードを1枚加えました。

エイシンフラッシュの成長率を考えると、スピードやスタミナの主要ステータスにサポートが集まらないことが懸念されます(実際、集まりにくい)

1枚スピード多く編成することで、「スピードに誰もいない…」といった事故を少なくすることができます。

加えるカードにはSRキングヘイローを採用しました。

サポートカード育成イベントから、全身全霊の下位スキル「末脚」のヒントを獲得できますし、SSRトウカイテイオーと同様に凸が進んでいればパワーボーナスが付きます。

スポンサーリンク

【URAシナリオ】エイシンフラッシュの育成の流れ

エイシンフラッシュ うまぴょい伝説

メイクデビューからURAファイナルズ優勝までの流れを紹介します。

シナリオを通して全体的に意識すること↓

・トレーニングは「スピード」「スタミナ」「賢さ」に絞る
・失敗率15%程度であれば、トレーニングをして上振れを狙う(美味しいものだけ)
・できるだけスキルはURAシナリオ終了後にまとめて取る

スキルはURAシナリオ終了後にまとめて取るのが好ましいですが、ヒントが十分に取れている場合やレースに勝てるか不安である場合などは取ってもOKです。

ジュニア級:メイクデビュー出走まで

「スピード」「スタミナ」「賢さ」の3つに絞りながら、サポートカードの集まっているトレーニングを行って絆ゲージを上げます。

たづなさんのサポートを利用している場合は、気分を上げるため最優先でたづなさんのいるトレーニングを行いましょう。

クラシック級1月前半:京成杯まで

引き続き絆ゲージを溜めながら「スピード」「スタミナ」「賢さ」を重点的に上げていきましょう。

また、ジュニア級12月後半にあるホープフルSに出走しておくことをオススメします。

ホープフルSに出走しておかないと、京成杯に勝っても次の目標レース「皐月賞」の出走に必要なファン数を満たせない可能性があります。

クラシック級5月後半:日本ダービーまで

日本ダービーまでには、スタミナをCくらいまで上げておきたいですね。

皐月賞の前に因子継承があるので、スタミナに多く因子を振っているのであれば余裕でCに行くはずです。

ちなみに、日本ダービーに勝利すると「がんばり屋」のスキルヒントが貰えます。

クラシック級11月後半:ジャパンカップまで

ジャパンカップまでに夏合宿がありますので、不足しているステータスを補いましょう。

友情とトレーニングが発生しているならそちらを優先、発生していない場合は「パワー」「賢さ」を上げておくのがオススメですね。

ジャパンカップに関しては、日本ダービーに勝利しているなら安定して勝てるはずです。

クラシック級12月後半:有馬記念まで

有馬記念は”出走”が条件なので勝つ必要はありません。

育成が順調に進んでいれば、1着~2着あたりに落ち着くことが多いですね。

また、シニア級にある固有スキルレベルUPイベントに備えて、理事長のゲージを緑まで上げておくと後々楽です。

シニア級3月後半:大阪杯まで

シニア級2月と大阪杯後の4月には、固有スキルレベルUPイベントがあります。

レベルの上がる条件は以下のとおり。

2月バレンタイン

・ファン数が6万人以上

4月ファン感謝祭

・ファン数が7万人以上
・理事長の絆ゲージが緑以上

エイシンフラッシュの目標レースはG1が多いので、ここまで勝ち続けていれば必要ファン数を満たしていると思います。

もしファン数が足りない場合は、トレーニングが下振れしたタイミングでレースに出走させましょう。

シニア級10月後半:天皇賞・秋まで

天皇賞・秋までに最後の夏合宿があります。

ここまでくると最終ステータスが見えてくるはずなので、不足しているステを中心にトレーニングしていきましょう。

天皇賞・秋は問題なく勝てるはずです。

シニア級12月後半:有馬記念まで

Aランクに達するようなステータスであれば、有馬記念も勝てると思います。

有馬記念の後はすぐにURAファイナルズが始まりますので、このタイミングでスキルを取ってしまってもOKです。

URAファイナルズまで来るとスキルヒントを獲得できる見込みは薄いですし、レースに安定して勝ちたい場合はスキル取っておくのが良いでしょう。

また、有馬記念の出走後に固有スキルレベルUPイベントがあるため、必要ファン数を満たせるようにしてください。

12月クリスマス

・ファン数が12万人以上

スポンサーリンク

【アオハル杯】エイシンフラッシュの育成の流れ

アオハル杯で育成していくコツは、すべてのウマ娘に共通するものでしたので1つのページにまとめました。

【ウマ娘】アオハル杯でAランクを育成する流れ
こちらのページは、Aランク育成記事から流れてきた方に向けたものです。 アオハル杯での育成の流れ シナリオを通して全体的に意識することは、URAシナリオとほとんど変わりません。 ただし、以下の3つはプラスアルファ意識してください。 ...

ちなみに、アオハル杯の目標レースはURAシナリオと同じものですので、別タブを開いて比較しながら読むのが楽だと思います。

育成イベントのおすすめ選択肢

エイシンフラッシュの育成途中で発生するイベントの選択肢を紹介します。

サポートカードの育成イベント

先ほど紹介したサポートカード編成の中から、重要なイベントのみをピックアップして紹介します。

SSR駿川たづな:情熱のふたり

お話もっと聞きたいです!・体力+14
・やる気+1
・賢さ+6
・絆ゲージ+5
では、仕事があるのでそろそろ…・やる気が低下
・「展開窺い」のヒント+1
・駿川たづなの絆ゲージ−5

この選択肢は必ず「お話もっと聞きたいです」を選んでください。

下の選択肢を選んでしまうとお出かけイベントが発生しなくなり、SSR駿川たづなを入れる意味がなくなってしまいます。

SSRキタサンブラック:あぁ、故郷

質のよいシューズがいいかも・スピード+5
・パワー+10
・絆ゲージ上昇
トレーニング教本がよさそう・コンディション「練習上手」を獲得
・絆ゲージ+5

「練習上手」を獲得できる下の選択肢がオススメです。

これだけでトレーニングが失敗しにくくなり、上振れが狙えます。

SSRキタサンブラック:情けは人のためならず

早く治さないとな・体力+10
・やる気が上昇
・絆ゲージ+5
この元気に負けてられないぞ!・スピード+5
・「直線巧者」のヒント+1
・絆ゲージ+5

「直線巧者」のヒントを獲得できる下の選択肢がオススメ。

SRスイープトウショウ:ワンダフル☆ミステイク!

代わりにすごい呪文を教えよう・体力-20
・スキルPt+40
・絆ゲージ+5
もう1度スズメを探しに行こう・コンディション「愛嬌○」を獲得
・絆ゲージ+5

「愛嬌○」を獲得できる下の選択肢がオススメ。

特に絆ゲージを上げる序盤にこのイベントを引けると激アツです。

SRキングヘイロー:助言する権利をあげる!

昨今の根性論について討論する・根性+10
・賢さ+5
・絆ゲージ+5
仕掛けるタイミングについて話す・「末脚」のヒントLv+1
・絆ゲージ+5

どの脚質でも活躍できるスキル「末脚」を獲得できる下の選択肢がオススメです。

エイシンフラッシュの金スキル「全身全霊」の下位にあたるスキルですので、よほど根性が足りない状況でない限り末脚を取っておくべきです。

エイシンフラッシュの育成イベント

全てのイベントを書くと長くなってしまいますので、全体を通して意識しておくポイントを紹介します。

不足しがちなステータスを補う

エイシンフラッシュを育成するうえで不足しがちなのは「パワー」と「根性」の2つです。

選択肢の中にこの2つがアップするものがあれば、積極的に選んでいきましょう。

「空飛ぶガイダンス」は下の選択肢がオススメ

1日観察してもらう、とか・スピード+5
・スタミナ+5
・パワー+5
コツを教えてあげたら?『根幹距離◯』のヒントLv+1

下の選択肢からは「根幹距離◯」のスキルヒントが貰えます。

「根幹距離◯」はレース場の距離が400mの倍数のときに発動スキルですが、エイシンフラッシュを走らせる中距離は400mの倍数のレースが多い傾向にあります。

ステータスに余裕がある場合は、根幹距離を取っておきましょう。

「試験:フラッシュプラン」は下の選択肢がオススメ

次のトレーニングは任せよう!・やる気アップ
・4種類のトレーニングが制限される
遠慮する・イベント終了

このイベントは、ゴールドシップの「きまぐれイベント」と同じものになります。

上の選択肢を選ぶと4種類のトレーニングが制限され、次のターンで制限されなかったトレーニングを行います。

やる気が上がるのは嬉しいですが、うま味のないイベントですね。

「揚げたてのサクサクを!」は下の選択肢がオススメ

1つを半分こしないか?・体力+10
・スキルPt+5
歩き回った分たくさん食べよう!・体力+30
・スキルPt+10

一定の確率で「揚げたてのサクサクを!」というイベントが発生します。

下の選択肢の方が体力の回復量が多く、スキルptも美味しいのですが稀にバッドコンディション「太り気味」が付与されます。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、僕は上振れを狙って下を選んでいます。

新年の抱負&初詣

クラシック1月とシニア1月に発生する正月イベントは、体力が回復するものorスキルptを貰える選択肢を選んでください。

全ステータスアップする選択肢はあんまり美味しくありません。

差しエイシンフラッシュまとめ

当記事では、Aランク・差しエイシンフラッシュを育成する方法について紹介しました。

ウマ娘の育成論に正解はありません。

サポートカードを入れ替えてみたりして、自分なりの育成法を見つけていくのも良いかと思います。

その際、この記事の内容を役立ててくれれば嬉しいです。

当ブログでは、他のウマ娘のAランク育成記事を執筆していますので、よろしければご覧ください。

Aランク育成法
「Aランク育成法」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました